wordpress ワードプレスの良いところ悪いところ

ワードプレス

今回は、wordpressの良いところ悪いところを書いていきます。

wordpress自体は、CMS(コンテンツマネージメントシステム)にというシステムに分類されます。phpで組まれている仕組みなので一般的なwebサーバーで動くようになっています。用途は様々で、ブログページとして作ったり、ホームページとして作ったり、ECサイトもできます。

最近では、wixやjimdo等のホームページ作成サービスも見るようになりましたが使ったことがありませんので他のツールとの比較はできません。wordpressは使い倒しているという自負がありますので、wordpressの良いところをお伝えできれば良いなと思っています。

wordpress(ワードプレス)の良いところ

wordpressの良いところはたくさんあるのですが、特に優れていると思うポイントに絞って紹介します。

無償CMSである

wordpressを使うのは、基本的に無料だからです。テンプレート買ったり、有料のプラグインを使わなければ課金要素はありません。

導入が簡単

wordpressは無料で配布されています。利用するためには、PHPとMySQLに対応したWEBサーバーにインストールします。
手動インストールだと結構難しいですし、ネットワークやサーバーの知見が必要になります。
でも、レンタルサーバーを使う場合はだいたい自動インストール機能がありますから、初心者の方でもそこまで苦労せず完了できるかと思います。

カスタマイズ性

wordpressは、分かりやすいユーザーインタフェースの管理画面があって、PHPやHTMLを知らなくても基本メニューからなんとなく編集をすることができます。開発者にとっても親和性があり、テキストエディタの記述方法も、htmlやphpはもちろん、マークダウン、直接入力となんでもありです。自分のスタイルに合わせてカスタマイズできるという点でいうとwordpressに勝るCMSは無いんじゃないでしょうか?

プラグインが充実

wordpressのプラグインは簡単に拡張機能を実装できます。たとえば、ホームぺージに問い合わせフォームを実装したいとなれば「contactform7」という定番プラグインがあります。ほかにも、リンク切れを通知してくれる「Broken Link Checker」、アップした画像のサイズを自動圧縮(リサイズ)する「EWWW Image Optimizer」など便利なものがたくさんあります。これらのほとんどが無料で使えるというのが素晴らしいです。

wordpressのサイト制作が速いのは、プラグインのおかげと言っても良いです。簡単な問い合わせフォームを作るにしても、一から書き出すと大変ですが、プラグインを使えば、機能の実装は一瞬、あとはちょこっとスタイルを整えれば綺麗な問い合わせフォームが簡単に実装できます。

wordpress(ワードプレス)のダメだなと思うところ

良いところがあれば、悪いところもあるということで使いにくいと感じる点もついでにご紹介します。

標準エディタ「Gutenberg」が不評

wordpressのバージョン5.0から、標準エディタ「Gutenberg」が実装されて困惑している方も多いでしょう。GutenbergはUIもそうですが、今までの標準エディタに慣れきっている身からすると非常に使いにくいです。しばらく我慢して使っていましたが全く慣れませんでした。マイクロソフトのワードに似たユーザビリティを持たせたのかもしれませんが、めちゃくちゃ使いにくいです。

しかたなく、毎回「classic Editor」というプラグインで以前の標準エディタに戻しています。
でも、wordpressをインストールするたびに、「Gutenberg」を無効にしないといけないのが面倒です。

拡張性、カスタマイズ性が高い故にややこしい

wordpressはプラグインで追加機能を実装したり、様々の機能の仕様を変更できたりと楽しいですし便利ではあるのですが、それ故に他人が組んだwordpressをいじるときは覚悟が入りますね。

どこに何が書いてあるかわからない、このショートコードなに!?、これ必要?みたいに、ぱっと見でもわからないことだらけなのです。癖が強い組み方をしていると最悪です。

非常にデリケートです

phpなのでテンプレートファイルや、function.phpなどの設定ファイル群をいじるときは注意しないといけません。phpは構文エラーに対しての柔軟性が皆無なので、1文字でも大文字になってたらfatal errorで読み込めなくなります。

そうなると管理画面からのアクセスもできなくなりますので、わざわざtelnetやFTPでサーバーに繋いでその部分を修正してというわずらわしい作業をしないといけません。phpがわからない方だと、そのまま修正できなくなります。

いつ壊れても後悔しないために、バックアップは毎回きっちり取るようにしておきましょう。

以上です、また思いついたら追記します。

関連記事

  1. homepagecube
  2. homepagecube
  3. homepagecube
  4. モバイルフレンドリー
  5. 製作費はいただきません
PAGE TOP