【便利なwordpressプラグイン】All in One SEO Pack

wordpressの便利なプラグインの紹介をしています。
今回は、All in One SEO Packを紹介します!

all-in-one-seo-pack

All in One SEO Pack

All in One SEO Packは、SEOを意識する場合は、必ずといってよい程に名前があがる定番プラグインです。

All in One SEO Packの良いところ

seo

SEOに関連して設定すべきポイントはたくさんありますが、All in One SEO Packは、それらを一まとめにして設定管理ができる素晴らしいプラグインです。titleの書き換えや、canonicalの設定、ページごとのindexとno indexの選択などのgoogleのSEO対策において基本となる項目を一括で設定することができます。ついでにgoogleアナリティクスやサーチコンソールのタグ設置もこのプラグインで行えます。名前のとおりこれひとつでSEOの設定ができるプラグインなのです。

このプラグインがなくても、それぞれ細かく設定することはできるのですが、直接タグを書き込んだり、設定箇所を探したり、ページを遷移しないといけないので時間も手間もかかります。そんなわずらわしさを一発で解消してくれるAll in One SEO Packは、絶対にインストールすべきおすすめのプラグインです!

All in One SEO Packの使い方

All in One SEO Packは、基本無料のプラグインですので、通常通りにインストールして有効化します。
All in One SEO Packのダウンロード

インストールと有効化が終わると、左メニューにAll in One SEO Packが選べるようになっていますので、一般設定の画面を開きましょう。

左メニュー画面

一般設定の各項目を設定する

All in One SEO Packではたくさんの設定項目がありますが、SEOの知見がないと全くわからないような項目もありますので全てにおいて最適な設定をすることは難しいです。ですから、最低限必要な設定についてのみ紹介させていただきます。

【一般設定】

一般設定では、canonicalと、ページタイトルの設定を行います。

一般設定

Canonical URL:

チェックする
→ Canonical URLの使用はSEO対策において必須です。

元のタイトルを利用:

無効
→ 後述するタイトル設定を有効化するために、デフォルトのタイトルは無効にしないといけません。

【タイトル設定】

タイトル設定では、ページのtitleをAll in One SEO Packで定めたtitleフォーマットで上書きするかの設定をします。
タイトル設定

タイトルの書き換え:

有効
→ 記事や固定ページのコンテンツを作成する際にはSEOで狙うキーワードを入れたタイトルを考えますね。そのタイトルが、そのままtitleタグに反映するために有効にする必要があります。

【コンテンツタイプ設定】

コンテンツタイプ設定では、どのページをSEO対策コンテンツとするかの設定をします。
コンテンツタイプ設定

SEO を行うコンテンツタイプ:

投稿と固定ページにチェック
→ オリジナルコンテンツとして更新がなされているとgoogleのクローラーの評価を受けるためです。投稿と固定ページ以外も更新頻度や内容の変更が頻繁になる場合はチェックを入れておいても良いです。

【ウェブマスター認証】

ウェブマスター認証では、googleのサーチコンソールをはじめとした検索エンジン別のアクセス解析をおこなうための認証コードの設定をおこないます。
ウェブマスター認証

Google Search Console:

サーチコンソールの認証コードを入力する
→ SEO対策をするうえでアクセス解析は欠かせません。サーチコンソールは、アナリティクスだけではわからない流入キーワードを調べることができます。余談ですが、昔はサーチコンソルではなく、ウェブマスターツールという名前だったのでその名残かと思います。

【Google設定】

Google設定では、主にgoogleアナリティクスやサイトトラッキングについての設定をおこないます。

google設定

GoogleアナリティクスID:

GoogleアナリティクスIDを入力する
→ SEO対策をするうえでgoogleアナリティクスの利用は欠かせませんので登録が必須です。ここにアナリティクスIDを登録するだけで、ヘッダーにアナリティクスのトラッキングタグを埋め込むことができます。

トラッキングからユーザーを除外:

可能であれば全てチェックを入れる
→ Googleアナリティクスで外部からのトラッキングを正確に測るために、自分(管理者、編集者、Administrator、自社IPなど)を計測から除外しておきましょう。全てにチェックをしておいて問題はありません。

【NoIndex設定】

NoIndex設定では、Googoleのクローラーに対しての設定、つまりインデックスをさせるか否かの設定をおこないます。

noindex設定

デフォルトでNOINDEXにする:

Googleにインデックスさせたくないページにチェックをする
→ どれをチェックしないといけないというのはありません。SEOに関係ないページや、検索に引っ掛かってほしくないページをチェックします。

以上で、All in One SEO Packとその設定するべき項目の紹介は終わりです。

関連記事

  1. 製作費はいただきません
  2. homepagecube
  3. メイリオ
  4. homepagecube
  5. homepagecube
PAGE TOP